「STUDY HOUSEは授業だけの塾ではありませんが、授業の”分かりやすさ”がなければSTUDY HOUSEではないのです。」

学生時代
朝6時からアルバイトで5時起き
学校
部活
夕方アルバイト
そこから
夜24時まで塾のアルバイト

そんな日々のお腹を支えてくれたのが
「山田うどん」

最初に勤務した学校のすぐ側にもあって
部活の合宿の朝食
練習前には
そこでご飯。

500円あれば
お腹がいっぱいになるのが
「山田うどん」

仙台に居た時は
半田食堂、、、名前、、、合っているかな。

目にすると
苦しかった時というか
青かった時を思い出します。

くそ〜
あんなクソな教員らより
自分の方が
絶対に授業上手い❗️
くそ
くそ
くそって思いながら、当時は悶々としていました。

ただ1つだけ言えるのは
その当時から
自分の将来を
周辺の音やその環境で醸し出す匂いまで
想像にも関わらず
ありありと描いていたこと。

悶々としていながら
自分がクラス担任持った時にすること
部活動の指導してやりたいこと
そして
授業でどんな場面で、どんなことをやって、生徒の反響によって
どう授業を展開するか。

しっかり
ありありとイメージして
メモっていました。
ノートにまとめていました。

当時使っていた
テキスト

原型をとどめず
10倍以上に膨れ上がって
ガムテープで補強した
見た目もあって
生徒からも同僚からも
名物テキストでした。

私の宝物と言ってもいいテキスト。

引越しの際に
当時、付き合っていた彼女に捨てられていた。

”汚いから”

がーーーーーーん。

もう思い出ですね。

ただ
それを持っていると
過去にしがみ付いている

成長の足枷(あしかせ)に
なることがあります。

過去を手本として
成長をしないといけない。
時流に合わせ成長しないといけない。

ただ
”不易と流行”の見極めが必要で

私にとっての不易は
生徒への
極限までの、ガチンコな人間的な関わり方。

これは
20歳の時と比べてどうなんだろうか。

「山田うどん」の横を通るたびに
当時の
生徒を回想しながら思いだすのです。

20代前半
高校講師時代の生徒と混じって写った写真。。。。

やっぱり
やることなすこと
懲戒免職レベルでしょってことだらけ。

文化祭に乱入して
ソーラン節を踊った後、、、騒乱節で、もちろん校長室に行き
管理職に説明を促されました。

まっ
良い思い出です。


この時に大きなことだけど
大きなことにならなかったのは

その荒れた、埼玉最底辺学校に着任して
1週間で授業の空きコマと放課後を使って
たった1人で
私1人で
膝より高い草がボーボーのグラウンドの草
立ち鎌1本で
全部、刈ったんです。

運動部0の底辺校で
部活動を通して
荒れていた学校を
部活動と
そして
高度資格取得を通して
立て直しを図ったんです。

その半端ない行動力が認められていたから
おおごとにならなかったんだと思います。

でも
これも私が
青臭い時から
ありありと描いたイメージしたことをやったまで。

教育的深い愛情も紙一重
しかし
高い専門性へのこだわりはこの時から。

同世代、誰よりも
こだわりまくっていた結果。

生徒に伝えたい❗️

箍(たが)を外(はず)せっ

ただし
ありありとイメージはせーよ💢
そして
イメージしたら
もがいてでも
成果を出すまで愚直に行動し続けろ❗️

ーーーーーーーーーーーーーー

国語読解ページはこちら💁‍♂️💁‍♀️
↓ ↓ ↓

【国語読解】(新規)オンライン個別添削生の募集開始✍️

国語読解個別添削への問い合わせ

    ▼申し込み内容(必須)

    スクール説明学習相談国語読解その他



      さくら教室(秋田市桜)附属前教室(秋田市保戸野)オンライン