STUDY HOUSEの親御さんで経営者やお医者さんの方もいらっしゃるのですが
その親御さんと面談すると
私との話が早いです。

特に以下の5つについては
即同意してもらえます。

□基本の徹底
□教科書の徹底
□決まった時間にやるべきことをやる
□1日の終わりに
・1日の振り返りをすること
・翌日のフロー確認をすること

でね
成果の出ない生徒を見ていると
何とかやれてきたから
自分オリジナルを
自分の勝手な判断をもとに行動します。

男子生徒に多いですが
合わないから、自分オリジナルでやる。
けど
先達の人間が成果を出したものを
合わないから
先達の人間が効果を上げたものを
合わないから
自分ルールに置き換える。

これ
逆に成長を阻害して、遠回りな道を歩むことになります。

いいから
先達の
上司の
経営者の
担当医の 話を聞いて、即”そのまま”行動せっ。
そこに
あなたの感情はいらないんです。

先日までの記事である
「工夫」と矛盾していると思っているかも知れませんが
違います。

明日の記事である
長男と次男の違いでも述べますが
基本にまず忠実になり
その上で
より良い方法、手段、思考を探りながら実践&学習(=トライ&エラーからのスキル習得)していくのとは
全く違います。

まず
成功者は成功している人

そのままパクります。
インストールします。

私は同業で言えば
キャンパス21の優吉先生やEISUの建吾社長
生徒やスタッフ
人としのあり方
それぞれの良いところを徹底して真似ます。

異業種でいえば
先日お世話になった有名旅館大松閣のカッシー、土佐苑でいま市議会議員の横山さんの
人への接し方。

私の携帯は増田社長の会社で購入するのですが
増田社長の「0から上場への」組織マネジメント。

手前味噌ですが
年下ではありますが
当社の井上取締役の10年先を見通した「今」を見る力
年下関係なく、私にアドバイスを年中無休でしてくれる対応力。

共にあと5年で熊田と3人で当社役員から
人生ファイヤーしますが

それも
全て根底には
基礎の徹底があるからこそです。

基礎が徹底された上で
1周戻ってきた時に
初めて
オリジナル、自分要素を入れていいのです。

知人が今、愛知県で市長をやっています。
元官僚です。
同じ51年生まれでありながら
すごい出世街道です。

初任の学校出身の生徒は
いま
北海道知事です。
彼が進んだ大学は夜間学校です。

学歴なんかより
実直に
愚直に
基礎基本を徹底して、揺るがない価値、人としも職業としても
”価値づけ”された。
だから
経営者、お医者さん、私の歯を担当する歯科衛生士含めて
私は
リスペクトします。

ただ、、、、昨日も

(1)
時間10分でテスト(※答えつき)

テスト時間内にも関わらず
いきなり丸つけする生徒。

、、、時間内に思考を放り出して
とっとと
丸つけをする。

思考しないから
脳内シナプスが弱いまま
記憶の想起がままならぬまま
丸つけするものだから
そりゃ
思考系の科目は弱いよね。

見て
見たらわかるものでしか
理解しない。
見て
自分の浅い、あっさいレベルの知識でのみ理解できるもののみ
理解する。

あーでもない
こーでもない

そんな
思考の鍛錬が必要なのに
とっとと
さっさと
答えを見る。

テストになってねーーー。

間違ったらダメだから
すぐに答えに頼る。

間違ったら恥ずかしいから
自己判断で、、、、。

大人でもいます。

だったら
自分ルールの質を上げて
わからない問題・課題も
これまで教わったことを「10秒は考える。そして違う視点からもう1回10秒考える」という20秒ルールでどうかな?

(2)
言われたやり方でやる。

これって当たり前
けどね
集団のうち2割は、、、汗
2:6:2の法則で
2割は
ウルトラ自己流
組織の流れ、動きを乱す自己流で
コトをやり流します。

これ

赤シートで隠してやる❗️
そう言ったのに
そこにある筆箱で隠して、、、。

確かに
見えなかったら良い。
確かに、、、💦

違うんです。
社会に出て、そこにあるもので代用して大惨事を起こしかねない。
そう思っています。

小事がマイナスな大事を生むかも知れない。
だから
教育者は生徒に
経営者はスタッフに言うのです。

でも
やっぱり
教育者、経営者が弁が立ったとしても
受け取る側の
生徒・スタッフの言語受け入れ力(=語彙力・解釈力)が低いと
すかすかのザルに水を流しているだけ。

生徒と同一課題図書を読んで
発表させる場があったら良いですね。
結局
「捉え方」の引き出しを増やせば良い話なので。

ただ最たるものは
STUDY HOUSEの国語読解力っ❗️

ーーーーーーーーーーーーーー

国語読解ページはこちら💁‍♂️💁‍♀️
↓ ↓ ↓

【国語読解】(新規)オンライン個別添削生の募集開始✍️

国語読解個別添削への問い合わせ

    ▼申し込み内容(必須)
    スクール説明学習相談国語読解その他


    ▼希望教室 (必須)
    さくら教室(秋田市桜)附属前教室(秋田市保戸野)オンライン