頭のいい人=わかりやすい

社会に出て気づいたことがあります。
それは
人の立場に立って
わかりやすく
そして
次に何を、どうしたらいいかアドバイスしてくれる人は

頭のいい人

そう思いました。

総理大臣やアメリカの元大統領がプログラミングの重要性を説き
これからは
学校現場ではプログラミングが入ってきます。

プログラミングとは決して
ゲームを作ることがゴールではありません。

プログラミングを学ぶことで

考え方(=思考プロセス)を学びます。

だから
プログラミングを前向きに捉えると
相手の思考を冷静に分析して行動を促す

思いやりが育まれると思います。

STUDY HOUSEでは
思いやりのある子どもたちを育てたいので
小中学生を中心に
プログラミング教育(=「通称:思いやり教育」)を進めていきます。

先駆けとして
県立大学とコラボして小4〜小6年生向けのプログラミング講座を開催中です!

STUDY HOUSEでは
プログラミング教育を
ただロボットを動かすことをゴールにしません。

社会に出てからも”使える”プログラム言語の習得を目指すプログラムを
県内初実施で考えています。

プログラミング講座についての問い合わせは以下から!

[contact-form-7 404 "Not Found"]