「学び」を通して社会で活躍する”人財”を輩出する!

”成果を出す!”ことにこだわる

私はこれまで首都圏の高校・大学を含め20年以上教壇に立ち続け、向き合ってきた生徒数は9,000人を超えました。そんな中で常にこだわっていたことは「成果を上げる」この1点です。この成果を出すための学習メソッドをもとにしてSTUDY HOUSEは運営されています。

勉強で力になるのは”自学習”

技術が進み、オンラインを含めいつでも・どこでも授業を受けられるようになりました。しかし、授業を受けただけでは点数UPという学習の成果は得られません。学習内容をしっかり理解して類似問題を含め、いつでも安定して正しい解答を出すためには学習作業が必要になります。その学習作業が自学習です。授業を受けただけではその場では「分かった」気になります。しかし、単元の学習内容が分かっても実際の問題演習で「解答できる」とは別物です。

「インプット1」に対して「アウトプット3」

STUDY HOUSEではアウトプット学習をインプット学習の3倍行なっています。これは脳科学でも実証されている成果を出すためのデータです。授業を受けただけの状態ではなく、問題演習を常に入れてアウトプットする習慣をつける学習システムにしています。STUDY HOUSEでは受講生の学力や受講生一人ひとり違う学習する際の癖(=学習特性)に応じたカリキュラムになっているので、個別対応の指導になっています。

STUDY HOUSEの強み

強みは成果を上げるための学習メソッドの幹である「正しい勉強法」と「学習習慣の確立」です。STUDY HOUSEでは受講生一人ひとりの特長に合わせて指導します。最終的には社会に出てからも”常に学び続けられる力”の育成を目標としていますので、勉強の正しいやり方と学習を続けられる習慣形成に徹底してこだわっています。

STUDY HOUSE 運営代表

【補足】
STUDY HOUSEでは入校前カウンセリングと入校後に実施される2種類のテスト(学力テスト・学習特性テスト)を実施して、一人ひとりの学習カリキュラムをオーダーメイドしています。

無料カウンセリング受付中!
申し込みは以下フォームからお願いします。