今月からSTUDY HOUSEでは新たな取り組みをします。
それは

小学生外部模試の実施

え?

塾なら普通じゃん!?

いえいえ、この模試は普通の模試では無いのです。

ちょっとその前に
実は今回、外部模試を実施するに当たって中学生の保護者様から
入塾面談時に受けた話に戻ります。

「先生、うちの子、小学校の時は学校のテストでまずまずの点数を取ってきたのです。けど中学校に入ってテスト受けたら、”え?うちの子、こんなに成績悪いの?”と思ったの。」

この保護者様以後、
面談の都度よく耳にするようになりました。

実は
この原因は小学校時代のテストに問題があるのです。
というか学び方に問題があるのです。

小学校では先生が教えた内容そのままテストに出ます。
だから
そのまま丸っと解答したら丸がもらえます。

が、しかし
これはSTUDY HOUSEが提唱している
丸写し学習法の延長だということです。

学校の先生が教えた後の演習の仕方を
正しい方法で行わないと

学んだ知識を使えなくなるのです。

知識は断面的に習得だけでは使えるようにはなりません。
中学に入ると
小学校で習った断面的な知識を複合的に使わないと
解答できない問題が出てきます。

だからこそSTUDY HOUSEでは
「先生から教わった知識+演習用問題集で知識の定着・活用」を図っているのです。

小学校で習ったパーツパーツの知識を
しっかり組み合わせて
使える知識を作り上げていく必要があるのです。

ちなみに
秋田の小中学校の先生のレベルは高いです。

元埼玉の高校で教員をしていた時に
研究発表のために”県別の教員教務研修時間”を調べたことがあります。

断トツで
秋田県が一番長い研修時間でした。
しかも
教務面で若手を引っ張るリーダー教員が配置されています。

ということは
あとは学校で学んだ知識を”使える”ようにするのが
親や我々塾屋の役目なんです。

そして使えるようになったかどうか
確かな活用力を測るために
外部模試が必要なのです。

STUDY HOUSEが取り入れる外部模試では
県内での順番だけでなく
全国での順番が小学校の現段階で分かります。

自分の位置を知ることで勉強への向き合い方が変わります。

勉強の現在地点を知ることで
勉強への意識が変わるのです。

何が言いたいか。
それは
学校のテストでは「井の中の蛙大海を知らず」なのです。

そして模試を受けることで
「されど空の青さを知る」ので
自分があとどのくらい、何の単元の、どこの箇所をどのように頑張ったら良いかが分かるのです。

ということで
現在、11月の模試申し込み受付中です。
(※10月25日締め切り:11月3日実施予定)

通常模試代金として
以下の金額を頂戴していますが、、、、、。

(小1〜小4:2教科)¥1,000
(小5・6:4教科)¥2,000

11月の模試は
各学年先着10名様まで無料にさせて頂きます。
(※STUDY HOUSE生は無料です。)

ちなみにこの模試は
他塾様が実施している模試とちょっと違います。

それは
期間をあけて
2度同じ問題を受けること。

同じ問題を受けることで、
2度目の受験までに
1回目の受験で出来なかった問題への対策を行い
2回目を受けることで確実な学習定着が出来るのです。

よって
個別的で計画的な学習計画を立てることが出来ます。

個別的で計画的な学習計画があれば
子ども達は勉強に向かいます。

結果、
学習習慣が形成されます。

模試を受ければ帳票も初回・2回目で
それぞれしっかりしたものが
お手元に届きます!

<初回模試結果帳票>
<2回目模試帳票>

模試を活用して
お子さんの現在学力地点を知ること
模試を活用して
学習計画を立て、学習習慣を確立すること。

是非、ご活用ください!

模試への問い合わせは以下より!

[contact-form-7 404 "Not Found"]