おはようございます。
STUDY HOUSEの熊田です。

突然ですが、
褒められる事は誰でも嬉しいです。

以前、旦那さんが外国人、奥さんが日本人の夫婦と
お話する機会があり、
「日本人には謙遜する文化があるが、もっと身近な人を褒めるべきだと」と
おっしゃっていました。

例えば、

自宅で食事会をして
「奥様のお料理美味しいですね!」といわれると、
旦那様は笑いながら「そんなこと無いです・・・」って。

子供が発表会で、一生懸命発表して
他の親御さんから「◯◯くん、本当にすごいですね!」
そうすると、お母さんが
「そんなこと無いですよ。◯◯くんの方がちゃんとしてて、見習いたいです。」
とか、よく聞きますよね。

そこを、
「そうなんです!落ちの女房料理上手なんです!」
「◯◯、一生懸命練習してたみたいで、上手にできてて私も驚きました!」
そうすると、
奥様もHAPPY♬になりますよね!!!
子様もHAPPY♬になりますね!

褒め言葉が飛び交うと、家の中の空気も変わります!

よく褒められている子は、
自分の長所もきちんと分かり
(面接などにも役立ちます)
自己肯定感の高い子になります。

でも、その文化が定着していないのです。
そう言った文化が良いとか、悪いとかではなく
ほめ言葉を身につけると、
自分の周りの人を幸せにできるんですよ!と言うことです。

ですが、褒める習慣もなく、いきなり褒めたらへんに思われそう・・・とか
そもそも、どうやって褒めたらいいのか・・・?

長くなりましたが
本日のおすすめ本は

ほめ言葉 ハンドブック

この本は、子供の褒め方だけではなく
自分に関係する人の褒め方など、
シュチュエーションが多岐に渡るのでとても使いやすいです。

まずは、自分の一番近くにいてくれる人の幸せを考えて
言葉を届けてあげましょう!

STUDY HOUSEでは、
本を無料で貸し出ししております。

気軽に遊びに来てください!

[contact-form-7 404 "Not Found"]