教材マニアの私が最近、強く思うこと

教科書って最強!

STUDY HOUSEにはオンライン生分も含め
生徒の教科書を中高全て揃えています。

昔は
教科書よりも市販されている参考書が良い!
っと思っていました。

だから市販の参考書を買って勉強したり
塾講師としては塾教材を使っていました。

確かに
一昔前までは・・・・。

けど
6年前から少しずつ教科書の作りが変わってきた感じがするのです。
特に中学生が使う教科書が!

中学1年生の英語には
あの、第二言語習得法の一部である”英語聞き取りの法則”が書かれていたり、
市販単体で売られている前置詞や形容詞なども
教科書のコラムに書かれているのです。

授業を進めなければいけない学校現場の先生にしたら
本文だけを使って
どう解釈させようかと思うのは常です。

しかし
本文の”次に”出てくるコラムや巻末資料が
充実しているので
うまく、本文とコラム・巻末資料を行き来させて
本文で使われている構文・英文解釈をしてもらいたい。

ちなみに中学国語3年生には
現代文読解のテクニックが載っています。
↓ ↓ ↓

STUDY HOUSEは最近、塾教材よりも
教科書を徹底して使う指導と学校ワーク(=先生から配られる問題集)をやりこむ指導に重点を置き始めました。

その成果が
来週のテストで出てもらえれば良いなと思います。

ちなみに昨日、
YouTube先生(=たくさんの受験対策動画)から教えてもらったのですが
やっぱり勉強できる子どもらは

教科書を使い潰しています!

なんだかんだ言っても勉強は暗記なんです。
STUDY HOUSEでも
学習内容を噛み砕いて、自己解釈のもとで暗記してもらっています。

暗記にも工夫を持たせ
テストを挟むことで
暗記定着を確認しています。


結局は暗記なのです。

この教科書を使う勉強法
教科書内容の定着を図るために学校のワークを活用する勉強法。

これって塾行かなくても出来ること。
現に
この勉強法ができずに塾に行っても
結局、、、、、。

定着が浅くなり、高校行っても結局は塾・予備校頼りで
自力で学習する力には程遠いと思います。

だったら各教科の勉強法が違うわけで
その違いを教えてもらって
あとは
自立学習をしたら良いのではないでしょうか?

その教科ごとの勉強法の違いはSTUDY HOUSEでは親に教えています。
親がお子さんに教えてあげたらと思っています。

高い費用を掛けなくても良いのです。

ただ
定着初期段階は
塾が必要かも知れません。

その子にあった個別の指導が必要ならば
塾は必要だと思います。

受験生なら
旬な受験情報(傾向と対策)は
必要かも知れません。

が、しかし

まずは教科書最強伝説に従って
教科書の全解釈と暗記を冬休み中までに徹底しませんか?

教科書内容の解釈を
1文ずつ
まとめを付箋に書く。

問題集を解く前に
自分で書いた要点付箋を見て

問題にトライ!

問題にトライしたら、
どこに着目して解いたら良いかを印を問題につける。
(=情報収集)

根拠を持って回答するために
途中式にも日本語をつけて

〇〇だから
〇〇になる。
よって
〇〇の知識を使って
〇〇と答える。

日本語で問題解決思考を整理しながら
根拠を持って答えを導きだします。

この回答までのプロセスを自力で行うのです。
この思考・回答プロセスを
優しく補ってくれているのが、市販の教材・塾用教材です。

でも
思考・回答プロセスは本来
学校の予習段階で終わらせておけば
授業前に学校の先生に見せて、確認してもらえれば良い話です。

授業前に先生のチェックを受けて

授業前に修正して

その後、授業に臨む

結果、テストで高得点は間違い無いのです。

だって問題作っているのは学校の先生です。

思考・回答プロセスを先生に聴きにいけば、
先生だって

「こういう問題はここがポイントだから、こう解くんだ!」

テストで出題されるポイントを交えて
教えてくれます。

ということで
教科書
学校ワーク

そして

学校の先生を使い潰せば

塾は要りません。

けどこれが定期的に出来るかどうか含め
自学習の時間までマネジメントするのがSTUDY HOUSE。

一度、STUDY HOUSE式学習方法を見学に来ませんか?

ちなみに
秋田にも私がベンチマークしている素晴らしい塾があります。
情報配信しているので、
是非ブログやホームページから情報収集して、
お子様の学習に生かしてください!

[contact-form-7 404 "Not Found"]