自分が受験生であったらカリスマの先生から教わっても
正直
質問しづらい。。。
だけど
ちょっとだけ年が上の先生なら
親近感が湧いて
質問しやすい!

勉強は分からない時が

嫌になる時!

ならば
側で先生に聞ける環境があれば
ぐんぐん伸びる!!

これまでもSTUDY HOUSEでは
全体授業、1対6授業、1対3授業そして1対1授業
色々と試しましたが
1対2授業が一番生徒に効果があると判明しました。
1対1個別だと
強制感があることと受け身になりがちだということです。

STUDY HOUSEは自発性・予習型で
自己解釈力の向上を目指しています。

それには1対2形式、、、
実は
そうでもないのです。
生徒によってはやはり、マンツーマンで見ないといけない時期。
マンツーマンで指導する単元があるのです。
だから
実は側にズーーーート居てサポートしていることの方が多いです。

ちょっと
STUDY HOUSEの授業を覗いて見ましょう!
(※授業選択者以外は自学習しているのがSTUDY HOUSEスタイル!)

見て頂いてわかったと思いますが、

対話が凄く多いです。

対話(=質問型コーチング)を採用しているからです。
強制言葉は
正直生徒にとって強制感から”受け身”になっちゃいます。
あくまでも
生徒の学習欲を促すことが大切なので
しっかり対話
しっかり定着
しっかり復習

STUDY HOUSEスタイルへの体験、見学は随時受付中です!

STUDY HOUSEへの問い合わせは以下より!

[contact-form-7 404 "Not Found"]