おはようございます。
STUDY HOUSEの熊田です。

もうどならない育児〜コモンセンスペアレンティング〜 Vol.2

を終えて。

今回は
1、子どもの良い行動に対して、よかった体験を増やす事で、良い行動を増やす。
その逆の
2、子どもの悪い行動に対して、しまった体験を増やす事で、悪い行動を減らす。
を実践を含め学びました。

頭では理解していても、実践となると考える時間があっても難しい、、、
目の前で子どもが、「わぁ〜、わぁ〜」泣いている時に出来るようになるには
トレーニングが必要と感じました。

今回の実践で私が感じた事は、
何か良いことをした時(できた時)、何かしてあげなければいけない。
何かご褒美を!と考えがちですが、お母さん(相手)からの言葉と笑顔の賞賛
何よりも、嬉しい事だと感じました。

言葉で伝える、コミュニケーション能力を高めて
子どもとの関係を深めていきます!
毎回、本当に勉強になります。

参加者様の中には、自分が行っている事は、子どもにとって「罰」に値する事が多く、
「子どもに多くを求めすぎていたのかもしれない」とおっしゃっていました。
そういった気づきも大切ですね。

若松先生、有難うございました!
次回も楽しみです!

 

STUDY HOUSEでは、お母さん向けの教育本などをたくさん揃えています。
昨日も、2名のお母さんへ本を貸し出しました。
貸し出しは無料で、2週間の期間で貸し出しています。
お母さんもたくさん本を読んで、子どものお手本になりましょう!

[contact-form-7 404 "Not Found"]