子どもの成長を決めるのは

遺伝

49%

環境(親などが用意する教育環境)が

51%

遺伝と言っても曖昧です。

曖昧だからこそデータが欲しいと思い
STUDY HOUSEでは
「学習における特性」を
WEBで判断するテストをベンチャー企業と業務提携して導入。

関東含め東日本初導入です。

これによって生徒含め学ぶ側がどのような学び方が得意で、
どんな教わり方、受け取り方が苦手かが、わかります。

ちなみに
学習態度の特徴まで質問によってデータ化されます。
(※実際の結果は以下)

「遺伝」

親の態度・思考・習性・行動は子供に移る(=転移)すると経験上思っています。

ドラえもんやちびまる子ちゃんのキャラクターで親子の顔が似てますよね、
と同じように

ジャイアンのお母さんが怒りっぽいから、
ジャイアンも気に入らないと
暴力行為になるというように、

親子の習性が
似ているのも同様だなと経験上思います。
三者面談で親御さんへ質問した際の切り替え仕方が
子供と授業をして回答してもらう時に”あ、この感じ似てる!”って思うのです。

だからこそ
子どもの学習習慣を正すためには
家庭の協力が必要です。

STUDY HOUSEでは
親御さんのお子さんへの対応の仕方・接し方(=行動・声かけなど)を
変えてもらうこともあります。

具体的な方法は明日以降お伝えします!

[contact-form-7 404 "Not Found"]