本はお好きでしょうか?

私は好きです。

本を読んで、本の世界に飛び込んでいる時のなんとも言えない
あの浮世離れした感覚に魅了されている一人です。

申し遅れました。
おはようございます。
塾長の髙田です。

わたしが本にハマったのは、
ある一人の作家の方との出会いです。

「重松清さん」

出会ったのは中学生の塾の国語の授業時に出てきた小説の問題。

本のタイトルは「卒業」

「卒業」のなかにある「追伸」という話でした。

中身は割愛しますが、巧みな文章から綴られるその場その場のストーリー描写が最高です、、
10年経った今でもこのフレーズが衝撃過ぎて頭を離れません。

〈追伸 敬一くん わたしも天国に行ってからも、ずっと敬一くんの母親です〉

ボロボロ泣きました。この〈追伸〉に書くというのがまた奥ゆかしい。
これほど人の心を動かすストーリーを読んだのは初めてでした。

そこから私の胸には1つの野望が宿るようになったのです。

こんな作品私も作ってみたい!!!

私も同じように、人の心を動かすような作品を書いて見たかったのです。
ただ、同時に思いました。

どうやって書いたら良いかわからない
少しやってみたけど中々続かない!!

小説を書くのは中々、続かないものです。
また、本を書いてみたはいいものの実際に面白い話をかけているのかどうかわからない。
ここはどうかけばいいのか。はたまたこの表現は合っているのかどうか。
不安は募るばかりです。

一人でやっても上手く行かない。
であるならば、思いっきってイベントを開催することに致しました。

題して、

「小説を書こう!みんなで作るプロジェクト!」

もちろん参加費は無料のイベントです。

◼日時
2/22(木)
10:30〜12:00

◼場所
STUDY HOUSE

◼持ち物
パソコン(持ってきて頂ければ)
筆記用具
遊び心(存分に)

◼主旨
全員で本を書いてみよう。
互いにアドバイスをしながら、一冊の本を完成させる

◼参加費
無料です。

◼駐車場
あります。
※後程詳しく説明致します。

ぜひ、足を運んで頂けると幸いです。
お問い合わせはコチラから
↓↓↓

[contact-form-7 404 "Not Found"]