おはようございます。

STUDY HOUSEでは朝から、自学習に来る生徒が多いです。

通学前にちょっとだけ寄って勉強する。
そんな習慣の積み重ねが、
学力を大きく飛躍させます。

私が子供の頃、
「早く大人になりたい!」と思っていました。

それは身近な大人がかっこ良かったからです。
「仕事をしている」というより、
「仕事を作っている」という見方をしていました。

それが成長すると共に、
大人の事情が少しずつ垣間見られるようになった時、
人生背伸びをした時期に
ちょっとした反抗期を迎えました。

大人って矛盾
しかも
上司に言われたことを愚痴言いながら仕事しているんじゃん!
かっこ悪い。。。

そう思っていたのです。

が、現実問題として
社会に出た私は何も仕事ができませんでした。

というより仕事とは何なのかの意味もわからず
「指示を待つ」「こなす」のサイクルから
”生活のために”給料をもらうという、スパイラル。

あるとき上司であり、会社の役員に言われた一言があります。

「仕事している自分の姿を自分の子供に見せた時、誇れるか?」
(※未だ子供はいません。。。。。)

頭を打たれました。

その上司は矢継ぎ早に

「体裁を整えようとするな。失敗恐るな。まず一歩踏み出せ。動きながら考えろ!そして取り組みをブラッシュアップしろ。」

その言葉から私はまず「思考する」=考えるということをしよう!と思いました。

前置きが長くなりました。

格好いい大人になるために

格好いい大人とは私は

「自分に明確な芯があって、自立していること。」

だと思っています。

何でも人のせいにする。

今の子供多いです。
本当に多いです!

「だって、〇〇ちゃんが△△〜ッ。」
「先生が、△△〜ッ。」

その人の悪い思考の癖
言葉に出ます。

だからこそ、STUDY HOUSEでは使う言葉を指導します。

言葉を変えて、思考を変える
思考を変えて心を変える。
心を変えて行動を変える。
行動を変えて、習慣を変える。
習慣を変えて、人生をより良くする!

全ては格好いい大人になって
自分の子供に
「父ちゃん!母ちゃん!カッッケーーーー!」って誇らしく思ってもらうために!

お問い合わせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]